犬の皮膚病(皮膚炎)とは?ノミ・ダニ、アレルギーに要注意

犬の皮膚(表皮)は人よりも薄く、とてもデリケートな性質を持っています。そのため、外部からの刺激に弱く、犬は皮膚病(皮膚炎)にかかりやすい傾向があります。皮膚病になった犬は強いかゆみやフケに悩まされ、かきむしることで炎症がさらにひどくなります。ここでは犬の皮膚病の原因と種類についてご紹介します。

2008年5月12日RSSRSS

寄生虫、細菌、アレルギー、犬の皮膚病(皮膚炎)はさまざまな原因で起こります。

犬の皮膚病(皮膚炎)は、ノミ・ダニなどの外部寄生虫や細菌・真菌(カビ)・花粉・ハウスダストなどによるアレルギー、さらにホルモン異常や腫瘍など、さまざまな原因で起こります。犬の皮膚病の症状は、一般的に脱毛やフケが多くなるほか、人と同じようにかゆみや発疹などがみられます。また、二次的に膿皮症外耳炎などを併発することがあります。

近年、とくに注意したい犬の皮膚病として、アカラス症(毛包虫症)があります。この皮膚病は、ニキビダニ(毛包虫)というダニの一種が大量に寄生して、口や目、首のまわりの脱毛や皮膚炎を起こす病気です。アカラス症(毛包虫症)の治療はとても難しく、はじめにステロイド(副腎皮質ホルモン)系の薬剤を使用すると、ホルモンバランスに影響して皮膚病がさらに悪化することがあります。犬の皮膚病は、病院で原因をきちんと探ってもらい、再発しないような治療とケアをおこなうことが重要です。

犬の皮膚病は原因によって次の種類に分けられます。それぞれの皮膚病については、リンク先の各ページでくわしくご紹介しています。

犬の皮膚病(皮膚炎)の原因と病名
ノミ、ダニなどの外部寄生虫による犬の皮膚病 ノミアレルギー性皮膚炎アカラス症(毛包虫症)疥癬ツメダニ症耳ダニ感染症
細菌やカビによる犬の皮膚病 皮膚糸状菌症(白癬)膿皮症クリプトコッカス症、マラセチア
食べ物や化学物質などのアレルギーによる犬の皮膚病 アトピー性皮膚炎、食餌性アレルギー、接触性アレルギー
ホルモン異常や腫瘍などを原因とする犬の皮膚病 クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)甲状腺機能低下症悪性リンパ腫(リンパ肉腫)肥満細胞腫扁平上皮がん
その他の皮膚病 脱毛症脂漏性皮膚炎(脂ろう症)

犬の皮膚病(皮膚炎)の原因を特定して、根気よく地道に治すことが大切。

犬の皮膚病(皮膚炎)の原因を特定する材料の一つは、かゆみがあるかどうかです。ノミアレルギー性皮膚炎疥癬ツメダニ症膿皮症アトピー性皮膚炎などは強いかゆみをともないます。一方で、アカラス症(毛包虫症)の場合、症状の出始めの頃は目立ったかゆみはみられません(ただし、細菌の二次感染によって、かゆみがひどくなるケースがあります)。皮膚糸状菌症(白癬)脂漏性皮膚炎(脂ろう症)、ホルモン異常によって起こるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)甲状腺機能低下症なども、かゆみがあまりみられないタイプの皮膚病です。

ノミアレルギー性皮膚炎疥癬ツメダニ症アカラス症(毛包虫症)などの寄生虫が起こす皮膚病は、駆除剤によって寄生虫を駆除することが治療の基本になります。また、徹底的に室内環境を清潔にする必要があります。多頭飼育の場合は、同居する犬や猫にも寄生している可能性があるので、発症した犬と同様に駆除をおこなうべきです。

犬のアトピー性皮膚炎は、主に1歳頃~2歳頃に発症するケースが多く、慢性化(治っても再発)します。アレルゲンは、ほこり・花粉・食べもの・カーペット・プラスチック製の食器…などが考えられますが、何がアレルゲンになるかは個体差があります。それらから根気よく原因物質を特定し、飼育環境から遠ざけなければアトピー性皮膚炎の症状は改善しません。獣医師の指示のもと、地道に愛犬の日常生活をケアする必要があります。

ホルモン異常によって発症するクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は、元気がなくなり、お腹のたるみ、肝機能の低下などが起こるほかに、皮膚病としては体幹部(頭部と足先と尻尾の先以外)の脱毛、皮膚が薄くなるなどの症状がみられます。同様に甲状腺機能低下症は、元気がなくなり、顔つきがぼんやりするなどの症状のほかに、脱毛やフケ、皮膚の黒ずみがみられます。これらの治療には、長期にわたるホルモン薬の投与が必要です。

以上のように、犬の皮膚病にはさまざまな原因・種類があります。しかし、犬の皮膚病の症状はどれも似ているので、1つの症状から病気を決めつけることは困難です。最初にも述べましたが、安易に治療をおこなえば、改善しないどころか、より重い症状になることがあります。愛犬に皮膚病がみられる場合には、まずは獣医師に相談するようにしましょう。

犬の皮膚病については、以下をご覧ください。

ノミ、ダニなどの外部寄生虫による皮膚病

細菌やカビによる皮膚病

食べ物や化学物質などのアレルギーによる皮膚病

ホルモン異常や腫瘍などを原因とする皮膚病

そのほかの原因で起こる皮膚病

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年倶楽部
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2014 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。