Petwell 犬の病気事典
いぬのがいじえん

犬の外耳炎

外耳炎は、真菌や細菌、寄生虫などさまざまな原因で発症します。外耳道に炎症を起こして、かゆみ、耳垢がたまる、といった症状が見られます。ミニチュア・ダックスや、ゴールデン・レトリーバーなどの垂れ耳の犬種によく見られる病気です。

主な症状 しきりに耳をかく 耳垢が多い 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】ベトベトして臭いのある耳垢、耳をしきりにかくなど

外耳炎を発症すると炎症を起こし、ベトベトして臭いのある耳垢がたまります。また、かゆみや痛みをともなうため、しきりに耳をかいたり、後ろ足で引っ掻いたり、頭を振ったりします。炎症が慢性化すると、皮膚が肥厚し、外耳道がふさがれてしまう場合もあります。また、外耳炎が悪化すると、炎症が奥に広がり、中耳炎や内耳炎をおこすこともあります。
犬種ではミニチュア・ダックスフンド、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどの垂れ耳の犬がかかりやすく、そのなかでもアメリカン・コッカー・スパニエルは重症になりやすいので、注意が必要です。アレルギー性皮膚炎を起こしやすい次のような犬種、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)、マルチーズ、ウェスティ(ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア)、シーズーも、外耳炎になりやすいので注意しましょう。

【原因】原因は様々。おもに細菌や真菌の繁殖や耳ヒゼンダニの寄生など

外耳炎を引き起こす原因は様々です。細菌や真菌が耳垢に繁殖することによって起こる場合や、耳ヒゼンダニが寄生することによって起こることがあります。また、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎(脂漏症、脂ろう症)などの全身性の皮膚病に併発して起こるといったケースもあります。その他、腫瘍や異物などによって外耳道が狭まることが原因になることもあります。

【治療】耳洗浄と同時に原因ごとに対応する治療を行う

外耳炎の治療は耳の洗浄が効果的ですが、あわせてその原因を取り除くことが大切です。細菌や真菌の繁殖が原因の場合、抗生物質や抗真菌剤を用います。耳ヒゼンダニの寄生が原因の場合、駆除薬を投与します。また、アトピー性皮膚炎などの全身性の皮膚病が原因の場合、その治療を行います。外耳炎は慢性化、再発しやすい病気なので根気よく治療を続けることが大切です。

【予防】耳垢がたまっていないかを日頃からチェックする

日頃から耳のチェックを行い、耳垢がたまっていないか確認しましょう。ただし家庭での耳掃除は皮膚を傷つけたり、耳垢を奥に押し込んでしまう場合もあるので気をつけましょう。市販の耳洗浄液を使うと簡単にケアすることができます。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の外耳炎」に併発する可能性のある病気「犬の外耳炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。