Petwell 犬の病気事典
いぬのくりぷとこっかすしょう

犬のクリプトコッカス症

クリプトコッカス症は、クリプトコッカスという真菌(カビ)に感染することで起こる病気です。他の病気などが原因で、免疫力が低下しているときなどに発症しやすい傾向があります。犬よりも猫に多い病気ですが、人にも感染する人獣共通感染症(ズーノーシス、人畜共通感染症とも呼ぶ)でもあり、決して油断はできません。

主な症状 しこり・はれができる 息が荒い(呼吸が苦しそう) 歩き方がおかしい 痙攣(けいれん)を起こす 鼻水・くしゃみをする 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】くしゃみや鼻水、鼻に潰瘍が見られる、など

クリプトコッカス症になると、おもにくしゃみや鼻水などの症状が見られるほか、鼻に潰瘍ができて腫れることもあります。重い症状になると、肺炎を起こして呼吸困難を生じることもあります。眼や中枢神経へ感染すると、失明や痙攣(けいれん)、麻痺、運動障害などが見られることもあります。

【原因】クリプトコッカスと呼ばれるカビの感染が原因

クリプトコッカス症は、空気中や土壌中など環境の様々な場所に存在するクリプトコッカスという真菌(カビ)を、鼻や口から吸い込むことで感染します。しかし、健康な犬に発症することはほとんどなく、おもに他の病気によって体力や免疫力が落ちているときに発症します。クリプトコッカスは、ハトなどの糞便に多く存在するため、様々な場所に運ばれて環境中に広がります。

【治療】真菌に対する抗生剤を投与する

クリプトコッカス症の治療では、おもに真菌に対する抗生剤を使用します。これに鼻炎や皮膚炎、目や中枢神経の異常などの各症状に対する治療を併用します。治療は投薬方法や副作用などの問題があるので、獣医師とよく相談して行いましょう。

【予防】健康管理や衛生管理に気を配る

クリプトコッカスは環境中に多数存在するため、予防は困難です。普段から愛犬の健康管理や衛生管理に気をつけて、感染するリスクを減らすように努めましょう。

「犬のクリプトコッカス症」のポイント

人にも感染する恐れがあるため、免疫力の弱い幼児や高齢者などは、感染した犬・猫に接触しないことが大切です。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬のクリプトコッカス症」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬のクリプトコッカス症」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。