Petwell 犬の病気事典
いぬのあからすしょう(にきびだにしょう、もうほうちゅうしょう)

犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

アカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)は、アカラス(イヌニキビダニ、犬毛包虫)という寄生虫が、皮膚に寄生することによって起こる病気です。多くは生後間もなく、母犬から感染すると考えられています。発症すると、体のいたるところに脱毛が見られるようになります。

主な症状 かゆがる 毛が抜ける 皮膚があれる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】主な症状は脱毛。悪化すれば化膿や出血などの皮膚病変も

アカラス症は、その特徴から全身性、四端性、局所性に分けられます。全身性や四端性では、脱毛や皮膚の赤み、フケといった症状が口や目のまわりから首へと広がり、ひどくなれば胴や四肢など全身に広がります。さらに細菌の二次感染が起これば、全身の皮膚に化膿や出血などが生じます。全身性のアカラス症の多くは若齢での発症が多く、この約半数は自然に回復します。しかし、成犬での発症では、難治性で生涯の治療が必要となります。局所性のアカラス症もまた、若齢での発症が多く、主に顔面の毛が薄くなったり、皮膚が赤くなったり、フケが増えたり、という症状が見られます。

【原因】免疫力・抵抗力の低下などによって発症する

アカラス症の根本原因であるイヌニキビダニ(体長約0.3mm)は、生後間もなく母犬から感染するといわれ、多くの犬には何の症状も起こさずに寄生しています。このニキビダニが自己免疫力や抵抗力の低下など、何らかの原因によって異常増殖すると、アカラス症になります。主に子犬に見られますが、成犬にも見られることがあり、成犬ではアトピー性皮膚炎甲状腺機能低下症糖尿病などの基礎疾患が、その発症に関係していると考えられています。また、膿皮症を持っている犬は、症状が悪化する傾向があります。

【治療】駆除薬などで根気よく治療する

アカラスの治療として、駆虫薬によってニキビダニの駆除を行います。ただし、完全な駆除は難しく、根気よく治療を行う必要があります。また、膿皮症などの細菌感染を併発している場合は、抗生剤などを投与します。主に成犬で、再発をくり返す場合は、発症に関係すると見られる他の病気についても、治療を行う必要があります。

【予防】子犬の頃からの健康管理と早期発見・早期治療が大切

早期発見・早期治療が重要です。アカラス症と思われる症状が見られる場合には、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

「犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)」のポイント

アカラスの完全な駆除は難しく、治療は長期に及ぶケースが少なくありません。症状が軽くなっても治療をやめずに、根気よく続けることが大切です。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)」に併発する可能性のある病気「犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。