Petwell 猫の病気事典
ねこのにゅうせんしゅよう

猫の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は、乳腺(乳汁を分泌する腺)にできた腫瘍のことをいいます。乳腺腫瘍は猫がかかる腫瘍のなかで3番目に多く、さらにその約9割はがん(悪性腫瘍)といわれています。猫の乳腺がんの場合、腫瘍が数センチと小さくても転移する可能性があるため、早期発見が重要な病気です。

主な症状 しこり・はれができる 
命の危険 【やや高い】 重症や急性症状の場合には、命に関わる恐れがあるかもしれません

【症状】乳腺に1つから複数個、硬めのしこりができる

猫の乳腺は、通常、前肢の付け根から後肢の付け根にかけて左右4対(計8個)あり、乳腺腫瘍は腹部の乳腺にできやすい傾向があります。腫瘍がある場合、乳腺全体をそっと触ってみると、1つまたは複数個、硬めのしこりが感じられます。ときに腫瘍がある部分の乳頭が赤く腫れ、黄褐色~黄色の液体がにじみ出ることがあります。腫瘍の大きさは様々で、早期に発見した場合は数ミリ程度ですが、病態が進行するにつれて大きくなります。そして、しばしば表面が潰瘍化し、出血をともなうことがあります。

【原因】老化や女性ホルモンと関係している可能性が高い

乳腺腫瘍の原因ははっきりとはわかっていません。しかし、乳腺腫瘍が発見されるメス猫は、10歳前後が最も多いことから、老化との関係が挙げられています。さらに、性ホルモン剤(プロジェステロン製剤)の投与によって発生危険率が高まることや、避妊手術していない猫の乳腺腫瘍の発生危険率が避妊済みの猫の7倍といわれることから、女性ホルモンの影響もあると考えられています。

【治療】外科手術で乳腺を切除し、卵巣と子宮を摘出する

乳腺腫瘍の治療は、おもに、腫瘍ができた左右どちらかの乳腺をすべて切除するとともに、卵巣子宮摘出術を行い、その後、場合によってはもう片側の乳腺も切除します。そのほかにも症状や転移の状況によって、放射線治療や化学療法などを行います。早期に発見し、積極的な治療を行うことで延命が期待できます。乳腺腫瘍が肺や他の臓器に転移していると、手術を行っても数ヵ月しか生きられないこともあるため、手術する前にしっかり全身の検査を受けておく必要があります。

【予防】1歳未満の避妊手術が予防に効果的

乳腺腫瘍は、1歳未満で避妊手術を受けることで、その発症をかなり予防することができます。しかし、避妊手術後もまったく発症しないわけではありません。日頃からスキンシップを兼ねて猫のお腹を触って、小さなしこりやはれがないかチェックし、早期発見に努めましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。