Petwell 猫の病気事典
ねこのひふしじょうきんしょう(はくせん)

猫の皮膚糸状菌症(白癬)

皮膚糸状菌症(白癬)は、皮膚糸状菌という真菌(カビ)に感染することが原因で、皮膚に脱毛やかさぶたなどの症状が引き起こされる病気です。子猫や免疫力が低下している猫は、皮膚糸状菌症を発症しやすい傾向があります。なお、人の「水虫」や「たむし」なども皮膚糸状菌の一種が引き起こすことのある病気です。

主な症状 かさぶたができる フケが多い 毛が抜ける 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】顔などにほぼ円形の脱毛ができ、フケやかさぶたを生じる

皮膚糸状菌症になると、顔や耳、四肢などに円形に近い形の脱毛ができ、その周りにフケやかさぶたが見られます。ときに、分厚いかさぶたをともなう丘疹(ブツブツ)が見られることもあります。かゆみの程度は様々ですが、一般的に少ないようです。

【原因】感染動物と接触して真菌に感染

皮膚糸状菌症は、皮膚糸状菌と総称される真菌(カビ)の感染が原因で発症します。皮膚糸状菌は接触感染するため、すでに感染している犬や猫、人などと接触したり、菌に侵された環境下に行って体に皮膚糸状菌をくっつけてきたりすると感染してしまうことがあります。また、子猫や精神的・身体的なストレスの多い成猫は感染しやすい傾向があります。このため、猫白血病ウイルスFeLV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)といったレトロウイルスに感染していたり、ほかの病気を患っていたり、栄養不良になっている成猫などでは、皮膚糸状菌症の発症が多く見られます。

【治療】病変部の毛を刈ってから、抗真菌薬などで治療

皮膚糸状菌症では、抗真菌薬の内服、あるいは、抗真菌薬の入ったローションや軟膏などの塗布を行います。また、抗真菌薬の入ったシャンプーで薬浴を行うこともあります。治療を行う前には、皮膚糸状菌に侵された病変部とその周囲の毛を刈って、薬剤が塗りやすいように、また、感染が拡大しないようにする必要があり、場合によっては全身の毛を刈らなければならないこともあります。また、環境からの再感染が起きないよう、猫が使用しているものは洗濯したり消毒したりし、かつ、屋内の床や壁などもできるだけ清掃するように心がける必要もあります。同時に、皮膚糸状菌症を誘発するようなほかの病気がある場合には、その病気の治療も行います。

【予防】感染動物との接触を避け、健康管理と衛生管理を行う

皮膚糸状菌症の予防には、すでに感染しているほかの動物との接触を避けることが第一です。室内飼いに徹すれば、ほかの動物からの感染を防ぐことはできます。このほか、猫の健康状態を良好に保つこと、ストレスが少ないように猫にとって住みやすい生活環境を用意するといったことも予防につながります。また、日頃から猫の体に脱毛やフケ、かさぶたがないかチェックすると同時に、室内の掃除をこまめにして、清潔を保つように心がけましょう。
ちなみに、飼い主から猫に感染することもあるので、飼い主が水虫になっている場合は、患部を猫に触らせないよう注意しましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。