Petwell 猫の病気事典
ねこのかいせん

猫の疥癬

疥癬は、猫ヒゼンダニ(猫小穿孔ヒゼンダニ)というダニが寄生し、かゆみの強い皮膚炎を引き起こす病気です。かゆみが激しいため、体をよくひっかくようになります。

主な症状 かさぶたができる かゆがる フケが多い 毛が抜ける 皮膚があれる 皮膚に発疹(ブツブツ)ができる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】発疹やフケ、カサブタなど。かゆみの程度は猫によって様々

疥癬になると、初期には顔面や耳介の皮膚に脱毛や赤い発疹(ブツブツ)ができ、フケやカサブタが目立つようになります。これにともない、皮膚が肥厚してくるため、顔や耳の皮膚にシワシワができ、まるで年をとった猫のように見えます。時間がたつにつれ、猫ヒゼンダニは体の他の場所にも寄生し、背中や四肢、腹部にまで病変部が広がることがあります。かゆみの程度は様々で、あまり気にせず時々かくくらいの猫もいれば、かゆみのあまり血が出るくらいかきむしる猫もいます。

【原因】猫ヒゼンダニに寄生されて発症

疥癬は、猫ヒゼンダニ(猫小穿孔ヒゼンダニ)というダニが寄生することで発症します。外出時、猫ヒゼンダニに感染している猫と直接触れ合ったりすることで感染が起こると考えられています。また、飼い主が外で疥癬に感染した猫を抱っこしたりなでたりした際に、衣服にダニを付着させて持ち帰ってくることがあり、衣服を変えずに飼い猫を抱っこしたりすると、衣服を介してダニが飼い猫に感染する場合もあります。

【治療】ダニ駆除剤を投与。多頭飼いの場合はほかの動物も合わせて治療する

疥癬の治療は、おもにダニ駆除剤の投与を行います。多頭飼いの場合は、ほかの動物も一緒に治療します。治療期間中は猫がよく使用する猫用ベッドなどの布類をしっかり消毒しておきます。また、室内を掃除して猫の生活環境からダニを駆除し、再発を防ぐようにします。

【予防】猫ヒゼンダニに寄生された動物との接触を避ける

疥癬は、猫ヒゼンダニが寄生する動物との接触を避けることが予防となります。室内飼いにしたり、ダニの予防・駆除薬を定期的に投与したりすることで予防できます。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
「猫の疥癬」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「猫の疥癬」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。