Petwell 犬の病気事典
いぬののうしゅよう

犬の脳腫瘍

脳腫瘍は、中年齢~高年齢の犬で多く見られます。発症しても特に目立った症状が見られないこともありますが、腫瘍ができた部位によっては、てんかん様発作や斜頸(しゃけい:頭と首が傾いてしまうこと)、旋回運動、運動失調などが起こることもあります。

主な症状 てんかん発作を起こす 意識がなくなる 歩き方がおかしい 痙攣(けいれん)を起こす 脳に障害が生じる 
命の危険 高い】 放っておくと、命に関わる恐れがあります

【症状】歩行時のふらつきや、痙攣、神経麻痺など

脳腫瘍の症状は、腫瘍が良性か悪性かに関わらず、脳のどの部位に腫瘍ができているかによって異なります。発症しても何も症状が見られないこともあれば、てんかん様発作のみが見られたり、斜頸や旋回運動、運動失調、眠振(がんしん:眼球が揺れ動くこと)といった症状や顔面マヒなどが見られることもあります。また、異常な行動を取るようになったり、性格が変化したり、いつも眠ってばかりいたりと、認知症に間違われるような症状が認められることもあります。

【原因】原因は様々。ほかの部位にできた腫瘍が脳に移転することも

脳の細胞が腫瘍化してできる「原発性脳腫瘍」と、体のほかの部位にできた悪性黒色腫メラノーマ)や悪性リンパ腫(リンパ肉腫)、血管肉腫や乳腺がんなどが、脳に転移して、あるいは鼻や耳、頭蓋の骨など、脳に近い部位にできた腫瘍が脳に浸潤(しんじゅん:しみ込むように別の部位にがんが広がること)してできる「続発性脳腫瘍」があります。

【治療】薬剤投与の化学療法や外科的手術、放射線療法などを組み合わせる

脳腫瘍の治療では、腫瘍の部位や種類によって化学療法や外科的手術、放射線療法などが単独で、あるいは、いくつかを組み合わせて行われます。また、脳腫瘍にともなう炎症や浮腫(ふしゅ:痛みのないむくみのこと)を抑えたり、てんかん様発作をコントロールするため、抗炎症薬などによる内科的治療を行うこともあります。

【予防】早期発見と早期治療が大切

脳腫瘍は予防が難しい病気です。そのため、早期発見と早期治療が何よりも大切です。疑わしい症状が見られる際は、動物病院で検査を受けるようにしましょう。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。