Petwell 犬の病気事典
いぬのねふろーぜしょうこうぐん

犬のネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは、何らかの原因によって腎臓に障害が起こり、尿中に大量の蛋白質が漏れでてしまう病態の総称です。尿中への蛋白喪失(たんぱく尿)の増加から低アルブミン血症(低たんぱく血症)が生じ、これにともない高脂血症(高コレステロール血症)、高血圧、腹水や浮腫といった症状が認められます。

主な症状 お腹が膨れる むくみがある 元気がない・疲れやすい 食欲がない 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】初期はたんぱく尿のほかは無症状。進行すると様々な症状が現れる

ネフローゼ症候群になると、初期にはたんぱく尿が見られるほかは、ほとんど無症状です。病態が進行するにつれ、検査では低蛋白(低アルブミン)血症、高脂血症、高血圧、高ナトリウム血症などが認められるようになります。これにともない腹水(お腹が膨れる)や浮腫(肢がむくむ)、下痢や嘔吐、元気消失、食欲不振といった症状が現れてきます。また、血液が固まりやすくなるため、様々なところに血栓ができるやすくなったり、全身の抵抗力が低下し、様々な感染症にかかりやすくなったりもします。

【原因】腎臓病以外にも、糖尿病や腫瘍など様々な病気が原因に

ネフローゼ症候群は、糸球体腎炎といった腎臓の病気だけでなく、全身に影響する様々な病気によっても引き起こされます。例えば、糖尿病やアミロイドーシスといった代謝異常による腎障害、白血病や形質細胞腫といった腫瘍疾患、様々な感染性疾患、腎臓に毒性のある薬剤や毒物の摂取、アレルギーや紅斑性狼瘡といった免疫系疾患などが原因となることがあります。

【治療】原因となっている病気が明らかな場合はその治療を行う

ネフローゼ症候群を引き起こした原因疾患が明らかな場合は、その治療を行います。同時に病態に応じて、ナトリウムやたんぱくを制限した処方食や抗高血圧薬(血管拡張剤)、利尿剤、抗炎症薬や種々の免疫抑制剤が用いられます。また、ネフローゼ症候群では血栓塞栓性疾患を発症することがあるため、運動制限やケージレストでの安静、抗血栓剤投与といった予防的な治療を行うこともあります。

【予防】予防は困難。定期的に尿検査を含めた健康診断を

ネフローゼ症候群は様々な病気が原因で発症するため、予防することは困難です。病気が進行して尿毒症などの重い症状を引き起こす前に、なるべく早期に治療することが大切です。定期的に尿検査を含めた健康診断を受けるようにしましょう。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。