Petwell 犬の病気事典
いぬのちゅうじえん

犬の内耳炎

内耳炎は、細菌感染によるものが最も多く、これは感染性の外耳炎や中耳炎から波及して生じます。主な症状として、炎症側への傾斜や旋回、眼振(眼球が左右に揺れたり、回転したりする)などが見られます。

主な症状 歩き方がおかしい 耳が聞こえづらい 頭を傾ける 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】傾斜や眼球の揺れ、転倒など

犬の内耳炎では、うまく歩けずよろめいたり転倒したりするといった症状や炎症が起こっている方向への傾斜や旋回、眼振(眼球が左右に揺れたり、回転したりする)などが見られます。また、発症してすぐの頃は、吐き気や嘔吐があり、食欲の低下といった症状が現れることがあります。内耳炎は、外耳炎や中耳炎を併発していることが一般的で、耳をかいたり頭を振ったりといった外耳炎の症状や、顔面マヒやホルネル症候群といった中耳炎の重い症状をともなうことがあり、耳も遠くなります(難聴)。

【原因】中耳炎・外耳炎の波及が原因

内耳炎は、細菌感染によるものが最も多く、感染性の外耳炎や中耳炎から波及して生じます。慢性の外耳炎や歯科疾患を患っている犬で見られることが多く、特に中年齢や高齢の犬に発症しやすい傾向があります。内耳炎は腫瘍が原因で生じることもあります。

【治療方法】原因となっている病気の治療を行う

内耳炎の原因が中耳炎や外耳炎から波及している場合は、これらの治療を行うことが内耳炎の治療につながります。また、炎症の原因が細菌感染によるものであれば、全身性に抗生剤の長期投与を行います。

【予防方法】耳に異常が見られたら早めに病院へ

内耳炎を予防するには、中耳炎・外耳炎を放置せず、早期治療を行うことが大切です。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。