Petwell 猫の病気事典
ねこののみあれるぎーせいひふえん

猫のノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎とは、ノミの唾液中のタンパク質などに反応して起こるアレルギー性の皮膚炎のことです。猫がひどくかゆがり、背中などに脱毛や発疹(ブツブツ)があるときは、ノミアレルギー性皮膚炎の可能性があります。ノミの活動が活発になる季節には、特に注意が必要です。

主な症状 かゆがる 毛が抜ける 皮膚があれる 皮膚に発疹(ブツブツ)ができる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】首、背中、お尻などにブツブツや脱毛が見られ、非常にかゆい

ノミアレルギー性皮膚炎になると、おもに首や背中、お尻などに赤い発疹(ブツブツ)や脱毛が見られるほか、とても皮膚をかゆがります。かゆみのため、患部をしきりにかいたりなめたりし、かゆみが激しいときには皮膚をかきむしって、出血が見られることもあります。

【原因】ノミの唾液にアレルギー反応を起こして発症

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミに寄生された際にノミの唾液中のタンパク質などにアレルギー反応を起こすことが原因で発症するアレルギー性皮膚炎です。猫にはおもにネコノミというノミが寄生します。ノミアレルギー性皮膚炎を起こすかどうかは、猫の体質なども関係し、症状の程度も個体差によって様々です。なかにはわずか1、2匹ノミが寄生しただけでも、ノミアレルギーを起こし、激しい皮膚炎を生じることがあります。

【治療】アレルギー症状の治療とノミ退治を並行して行う

ノミアレルギー性皮膚炎の治療は、合成副腎皮質ホルモン剤や抗アレルギー剤などを投与してアレルギー症状を治療しつつ、スポットタイプなどのノミの予防・駆除薬で成ノミ退治を行います。ただ、これだけでは猫が生活する環境に潜むノミの卵や幼虫、サナギなどが再び成虫となり猫に寄生するため、同時に、室内の畳やカーペット、布団、マットなどを清掃し、ノミの卵や幼虫、サナギを駆除し、室内環境を清潔に保つようにします。
また、多頭飼いをしている場合には、ノミが見つかっていない猫にもノミの予防・駆除薬を投与し、別の猫からノミが感染することのないようにする必要があります。

【予防】定期的にノミの予防・駆除薬を投与する

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの予防・駆除薬を使用することで予防できます。首輪タイプやスプレータイプ、背中に滴下するスポットタイプなど様々なものがあります。猫の体表にいるノミの成虫を退治するだけでなく、室内のあちこちに散らばっているノミの卵や孵化した幼虫、サナギにも効果のある予防・駆除薬もあります。ノミの予防・駆除薬には投与後の有効期間があるため、定期的な投与が必要です。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
「猫のノミアレルギー性皮膚炎」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「猫のノミアレルギー性皮膚炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。