Petwell 猫の病気事典
ねこのあとぴーせいひふえん

猫のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ猫が何らかのアレルゲンを吸引したり、皮膚に付着したりした際などに見られるかゆみをともなう皮膚炎のことです。猫の場合、比較的若い時期にアトピー性皮膚炎を発症するケースが多く見られます。

主な症状 かゆがる 毛が抜ける 皮膚があれる 皮膚に発疹(ブツブツ)ができる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】非常に皮膚がかゆくなり、しきりになめたりかいたりする

アトピー性皮膚炎になると、おもに顔や耳の後ろ、首の部分の皮膚に強いかゆみが生じます。かゆみのあまり、猫が患部をしきりになめたり、かいたりして、自傷や脱毛を生じ、ますます皮膚炎が悪化していきます。そのほかに、好酸球性肉芽腫症候群にともなう様々な症状や、頭の後ろや首の部分などにかけて赤い発疹(ブツブツ)が見られるケース(粟粒性(ぞくりゅうせい)皮膚炎)もあります。アトピー性皮膚炎が慢性化すると、皮膚が厚くなり、黒ずんでくることもあります。

【原因】アレルゲンの吸引や付着が引き金になって発症

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ猫が花粉やハウスダストマイト、カビの胞子などのアレルゲン物質を吸引したり、これらが皮膚に付着したりすることによって発症します。花粉などが原因の場合は季節性に起こることもありますが、ハウスダストマイトなど家庭内の物質がアレルゲンの場合は、季節に関係なく症状が見られることがあります。

【治療】アレルゲンの除去とかゆみなどの緩和が中心。シャンプーも効果的

アトピー性皮膚炎を治療するには、原因となるアレルゲンを特定し、そのアレルゲンを飼育環境から取り除くことが重要です。たとえばある花粉が原因であれば、猫がその花粉を吸い込まないよう室内飼育に徹したり、花粉が飛散する時期は外に出さないようにします。ハウスダストマイトやカビの胞子が原因であれば、室内をまめに掃除して室内環境を清潔に保つようします。しかし、猫の場合はアレルゲン自体の特定がなかなか難しいため、特定できない場合には、原因と推測されるアレルゲンを回避しつつ、かゆみなどの諸症状を緩和するために、抗炎症剤や抗アレルギー剤などの投与を行います。
また、治療と並行して保湿効果のあるシャンプーを使用することもあります。シャンプーには皮膚に付着したアレルゲンを除去する効果があるため、愛猫がシャンプーを嫌がらない場合は、シャンプーやリンス、保湿剤などを使用することがすすめられます。

【予防】飼育環境を清潔に保つこと。ノミ予防も実施する

アトピー性皮膚炎を予防するためには、飼育環境を常に清潔に保つようにすることが大切です。室内飼いであれば、ハウスダストマイトやカビの胞子などが蔓延しないよう、こまめに掃除するように心がけましょう。また、アトピー性皮膚炎を起こす猫の場合、ノミアレルギー性皮膚炎を起こしやすい傾向があるので、ノミの予防も行っておくと良いでしょう。

「猫のアトピー性皮膚炎」のポイント

同じ皮膚病といっても原因は様々です。たとえば、ノミ・ダニなどの寄生虫が原因の皮膚病(ノミアレルギー性皮膚炎疥癬など)であれば、予防・駆除剤で駆除しなければ、いくら塗り薬を塗っても根本的には治りません。自分の判断で薬を与えるのではなく、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。