Petwell 猫の病気事典
ねこのふくびくうえん

猫の副鼻腔炎

副鼻腔炎は、副鼻腔(鼻の奥の空洞部分)に炎症が起こり、鼻汁やくしゃみといった症状が現れる病気です。鼻炎に併発することが多く、重度の鼻炎症状に加え、鼻すじから額にかけての部分が腫れて熱を持ったり、膿性の鼻汁がたまって蓄膿症を起こすことがあります。

主な症状 元気がない・疲れやすい 息が荒い(呼吸が苦しそう) 触られるのを嫌がる 食欲がない 鼻水・くしゃみをする 鼻血が出る 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】鼻汁やくしゃみが出たり、口をあけて呼吸する

副鼻腔炎になると、鼻炎症状がさらに悪化し、粘り気のある膿の混じった鼻汁やひどいくしゃみが見られ、この鼻汁には血が混じることもあります。また、鼻が詰まるために呼吸が荒くなり、口をあけて呼吸するようになるほか、炎症がひどくなると鼻梁(びりょう:鼻すじ)から額のあたりが腫れて熱を持ち、痛くて触れられるのを嫌がるようになることもあります。さらに炎症が進むと、膿が副鼻腔内にたまって蓄膿症になることもあります。鼻が詰まるとにおいがわからなくなるため、食欲が低下して元気もなくなってしまいます。

【原因】慢性的な鼻炎が副鼻腔まで広がって発症する

副鼻腔炎は、鼻炎による炎症が副鼻腔まで広がったときに発症します。鼻炎と同じく、細菌やウイルスなどの感染が原因となります。

【治療】内科療法が一般的。外科的に副鼻腔内を洗浄することもある

副鼻腔炎の治療は、一般的に抗生物質などを投与する内科療法を行います。場合によっては外科的に副鼻腔にチューブを入れて、そこから副鼻腔内を洗浄する場合もあります。

【予防】まずは鼻炎の予防を徹底することが大事

副鼻腔炎を予防するには、まずは鼻炎を予防することが大切です。鼻炎の原因となるウイルス感染を防ぐために、定期的にワクチン接種を行うように心がけましょう。また、副鼻腔炎は鼻炎から併発するため、鼻炎の症状があれば、早期に治療を受けさせるようにしましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
「猫の副鼻腔炎」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「猫の副鼻腔炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。