口を触られるのが大嫌い!そんな猫にデンタルケアは必要?

猫は口を触られるのをとても嫌がります。そんな猫にデンタルケアって必要?歯磨きなんてとてもムリ!と困惑する飼い主さんのために、歯科治療のスペシャリスト、とだ動物病院院長・戸田 功先生に、猫のデンタルケアの重要性と家庭でできるケアの方法についてお聞きしました。

2013年11月8日RSSRSS

【取材協力】
戸田 功 先生(とだ動物病院 院長 http://www.toda-ah.jp/

アメリカで獣医歯科医療を学び、ペットの歯科医療に力を注ぐ。院長を務める江東区・とだ動物病院では、一般診療とともにペットの歯科診療を専門的に行っている。歯科検診や歯みがき指導などの予防歯科のほか、歯科の専門的な設備を整え、二次診療としての高度な手術にも対応。

猫にデンタルケアが必要なワケ

猫にはお口のトラブルが多い

猫には虫歯はほとんどありませんが、歯周病、口内炎、歯頚部吸収病巣など、お口のトラブルの多い動物です。
口内炎は、口腔内の細菌に感染して起こるもの、猫エイズや猫白血病などウイルス感染症による免疫力の低下から起こるものなど原因は様々で、歯周病に併発することもよくあります。
歯頚部吸収病巣は、歯が根本から溶けて顎の骨に吸収されてしまう猫特有の病気で、最近、増加しています。
そして、猫のお口のトラブルのなかで最も多いのが歯周病。デンタルケアの実践で、ある程度予防できる病気ですので、飼い主さんはぜひケアしてあげてください。

歯周病は見えないところで進行し、病害は口内に留まらないことも

歯周病は、歯の病気ではなく、歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)で起こる病気です。見えている歯の部分はきれいでも、外から見えない歯肉の中で進行するので、飼い主さんが気づきにくいのが厄介です。獣医師でもレントゲンを撮らないときちんとした診断はできません。
歯周病を起こす細菌は歯肉だけに留まりません。炎症が頬に広がったり、顎の骨を溶かしてしまったり、血流に乗って全身の臓器に運ばれる可能性もあります。歯周病が心臓病や腎臓病などを起こす直接の原因にはならなくても、悪影響を及ぼすリスクは多分にあるでしょう。実際、アメリカの統計では、歯周病がひどい子は、心臓病になる確率が高いというデータが出ています。

猫のデンタルケアはこうしよう!

歯ブラシによるケアが理想

家庭でのデンタルケアは、もしできるなら、歯ブラシによるケアが理想。歯ブラシには次の3つの効果があります。

  1. 歯垢(悪玉菌)を取る:歯周ポケットにブラシを当て、悪玉菌をかき出してきれいにします。
  2. 空気を入れる:悪玉菌は嫌気性の細菌で、酸素があるところでは増殖しにくいため、ブラッシ ングで歯周ポケットに空気を送り込みます。
  3. ドラッグデリバリー:ジェルなどの薬をブラシにつけて、歯周ポケットへ運びます。

 

10(好):1(嫌)の法則で

しかし、犬と違って、猫に歯ブラシを使ったケアはたいへんハードルが高く、できる子は少ないと思います。もしチャレンジするなら、最初は指に好物の味をつけて、歯に触る練習から始め、少しずつ歯ブラシに慣らしていってください。
そこで大事なのが、10(好):1(嫌)の法則。犬や猫は、好きなものを10秒間食べている間に、1~2秒嫌なことを我慢できるかどうか。ですから、歯磨きは、好物の味をなめさせては、1~2秒ブラッシングというのを交互に繰り返すイメージです。ただし、猫は嫌なものは絶対に嫌なので、10:1でもやらせてくれるとは限りません。どうしてもだめな場合は、サプリメントやジェルの利用を考えましょう。

サプリやジェルで口腔内環境を整える

最近は、様々なデンタル用のサプリメントやジェルが出ています。猫の口内に塗ってあげることで、悪玉菌の増殖を抑えたり、免疫力を高めたりする効果があります。歯ブラシのように直接、歯周ポケットに働きかけることはできませんが、口腔内の環境を改善するのには有効です。歯ブラシが使えないからデンタルケアはムリと諦めるのではなく、愛猫にできることから始めてください。

飼い主さんによくある誤解、思い込みとは・・・

歯周病の原因は、歯石でなく歯垢

「スケーリング(歯石除去)をしているから大丈夫」と誤解している飼い主さんがよくいますが、歯石を取っても歯周病は治りません。歯周病の原因は歯石ではなく、歯垢だからです。歯垢は食べかすなどではなく、固形分の60%は細菌です。それが歯周ポケットに入って増殖し、歯周病を引き起こすのです。
歯石は歯垢が石灰化したもので、細菌はすでに死滅しているので悪さはしません。歯石が付くと歯の表面に凹凸ができて、細菌が繁殖しやすい足場になるので取った方がいいですが、慌てて取る必要もないものです。

麻酔のリスクより、治療が遅れる方が危険

麻酔のリスクを必要以上に恐れて、根本的な歯周病治療をためらう飼い主さんがいます。しかし、高齢で心臓が悪い猫の手術での麻酔と、健康で歯の汚れを取る程度の麻酔では、危険度は全然違います。まして、麻酔をするときは事前に検査をして、健康状態を把握してから行いますし、歯の治療の場合は、麻酔のかけ始めに体調が悪そうなら中断もできます。麻酔を怖がって処置が遅れる方が、愛猫の体にはよほど危険でしょう。
麻酔への恐れから、無麻酔スケーリングを選ぶ方もいますが、前述した通り、猫を押さえつけて恐怖心を与え、歯石を取り除いても歯周病は治せません。治せないのに、飼い主さんが治ったと思い込むのが一番の問題かもしれませんね。

セルフケアだけでは不十分。年1回、動物病院でチェックを

家庭でのデンタルケアをしていても、年1回は、動物病院でレントゲンを撮って歯と歯肉のチェックを。前述した通り、見えないところで進行するからこそ、獣医師でもレントゲンを撮らないときちんとした診断はできないのです。歯周病は、ひどい口臭や痛み、食欲不振などで猫を苦しめるだけでなく、全身の臓器にも影響を及ぼしかねない病気です。病院で適切な処置と正しいデンタルケアの指導を受けて、愛猫の健康を守ってあげてください。

関連リンク

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。