Petwell 猫の病気事典
ねこのししゅうびょう

猫の歯周病

歯周病とは、歯肉炎(歯ぐきに炎症が起こること)と歯周炎(歯を支える歯根膜や歯槽骨にまで炎症が波及し、これらが破壊されること)の総称です。歯垢や歯石がついていると、歯周病になりやすいため、毎日の歯磨きが重要な予防となる病気です。

主な症状 口の中が出血している 口臭がする 歯ぐきが腫れる 歯に異常がある 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】歯ぐきからの出血や口臭など。進行すると歯がぐらつきだす

歯周病は歯肉炎から始まり、歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、固いものを咬んだり、おもちゃでじゃれて遊んだりしたときに、歯ぐきから出血が見られることがあります。また、口臭が目立つようにもなりますが、歯肉炎では歯はまだしっかりして、ぐらついたりする様子はありません。
歯肉炎が進行して歯周炎にまでなると、口臭がさらにきつくなり、ちょっとしたことで歯ぐきから出血が見られるようになります。放っておくと歯周ポケット(炎症で健康な歯肉が歯から剥がれ、歯と歯ぐきの間にできる溝)がどんどん深くなり、それとともに歯周組織が次々に破壊され、歯がぐらぐらして、ときに抜け落ちてしまうことがあります。

【原因】歯垢に潜む細菌が増殖し、歯肉炎から歯周炎へ

歯周病は、歯垢の中や歯周ポケットの中に潜む細菌が原因とされています。この細菌や、細菌が出す毒素などによって歯肉に炎症が起こります。歯垢を放っておくと、石灰化して歯石となり、さらに歯垢がつきやすくなります。その結果、細菌が増殖し、歯肉だけでなく歯周組織にまで炎症が波及し、歯周病が悪化していきます。歯周病はどのような猫にでも起こりますが、腎臓病や糖尿病などの慢性疾患、あるいは猫白血病ウイルスFeLV)感染症や猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)などの感染症によって免疫力が低下していると、悪化しやすい傾向があります。

【治療】歯周炎の場合は、全身麻酔による歯垢・歯石除去が必要

歯ぐきに炎症が起こるだけの歯肉炎の場合、軽度であれば口腔洗浄剤で口腔内を清潔に保ち、日々のブラッシングで歯垢を除去し、必要に応じて抗生剤や抗炎症剤などを投与します。歯肉炎が重度であったり、歯周炎を引き起こしている場合は、動物病院で全身麻酔をしたうえで歯垢・歯石を取り除き、歯周ポケットにたまった汚れや炎症を起こした組織などを取り除きます。歯のぐらつきがひどい場合には抜歯することもあります。また、歯科処置後は必要に応じて抗生剤や抗炎症剤の投与を行いますが、再発防止のためには、飼い主の行う日常の手入れが最も重要です。

【予防】
普段から歯磨きを行い、歯垢がたまらないようにする

歯周病の予防は、日々歯磨きを行い、歯垢が歯にたまらないようにすることが何より大切です。ガーゼや綿棒、猫用歯ブラシ、または小児用などの小さな歯ブラシなどに猫用歯磨き剤を用いて行います。また、口腔内を清潔に保つため、口腔洗浄剤を用いるのも効果的です。

「猫の歯周病」のポイント

近年は、歯石の蓄積を軽減するキャットフードやおやつ、そして、様々なデンタルグッズなどが市販されています。これらを組み合わせながら、毎日の歯磨きを行うようにしましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年倶楽部
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2014 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。