犬種によって“しつけの悩み”は異なる傾向(アニコム調べ)

アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長:小森 伸昭)は、契約者向けサービスとして行っている「しつけ相談」に寄せられた相談内容を集計し、結果を発表した。

2015年4月8日RSSRSS

pw_anicom_150401

「しつけ相談」に寄せられた相談の内容で、犬全体で最も多かったの項目は「トイレ」のしつけ。「トイレとは異なる所でおしっこをしてしまう。」「家の中ではうんちをしない。」「部屋の中でマーキングをするようになった。」など、トイレに関する様々な悩みが寄せられている。次いで多かったのは「吠え癖・無駄吠え」、「噛み癖」、「散歩関連」。「トイレ」や「吠え」のしつけは、室内飼育に欠かせない項目であることから、特に多くの相談が寄せられた。

犬種ごとの集計を見てみると、相談内容が異なることが分かる。例えばミニチュア・ダックスフンドは、猟犬として活躍していた犬種であるため、動くものに反応し、興奮して吠えてしまう特性から「吠え」に関する相談が最も多い結果に。柴犬は、飼い主に忠実な犬種であるがゆえの、他人への「噛み癖」、散歩時の他の犬への態度などに関する相談が多くみられた。シー・ズーは、豊かな被毛が特長の犬種のため、「ケア(お手入れ)」に関する 相談が約半数を占めた。

この結果から、犬種の特性を理解し、愛犬に合った接し方、しつけの方法を身につけることが大切であることがうかがえる。

アニコム損害保険株式会社 ニュースリリース

キーワード
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。