Petwell 犬の病気事典
いぬのれっぐ・ぺるてすびょう(れっぐ・ぱーせすびょう)

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)

レッグ・ペルテス病は、はっきりとした原因は不明ですが、大腿骨頭(だいたいこっとう:太ももの骨の、骨盤と連結している部分)への血行が阻害され、大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。主な症状として跛行や股関節周囲の過敏症などが見られ、治療が遅れると、歩行異常などの後遺症が残ってしまいます。

主な症状 足をかばう・引きずる 足を痛がる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】足を引きずる、足に力が入らない、など。成長期の小型犬に多い

レッグ・ペルテス病の主な症状は、跛行(足を引きずる、足に力が入らない、など)です。跛行は、徐々に悪化していくこともあれば、急に現れる場合もあります。その他の症状として、股関節周囲の過敏症(関節痛)や食欲の低下、股関節部分に触れられるのを嫌がる、などが見られます。多くは片足だけに起こりますが、両方の足に起こることもあります。ウェスティ(ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア)やトイ・プードルなどの小型犬種(10kg未満)によく発症し、3~13ヵ月齢(ほとんどは6~7ヵ月齢)の成長期に多く見られます。

【原因】原因は不明。遺伝が関連している可能性も

レッグ・ペルテス病は、大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう病気ですが、その原因は不明です。ただ、レッグ・ペルテス病には遺伝が関連している可能性もあります。

【治療】内科的療法などで一時的に症状を抑え、最終的には外科手術を行う

レッグ・ペルテス病の治療として、症状が軽い場合は、運動制限や鎮痛剤の投与などの内科的療法を行います。しかし、これらによって症状を一時的に抑えても病気自体の進行は止まらないため、最終的には外科手術が必要です。外科手術では、一般的には壊死した大腿骨頭を切除します。手術後には長期のリハビリを行います。

【予防】予防は困難。歩行に異変を感じたら早めに動物病院へ

レッグ・ペルテス病は予防が難しい病気です。特にこの病気になりやすい犬種で上記の症状が見られる場合は、放置せず、すぐに動物病院へ連れていきましょう。また、この病気は遺伝が関連している可能性があるため、レッグ・ペルテス病の犬には避妊・去勢手術が勧められます。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。