Petwell 犬の病気事典
いぬのかんせつりうまち(りうまちようかんせつえん)

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)

関節リウマチ(リウマチ様関節炎)は、免疫機能の異常によって起こる関節炎の一種です。「免疫介在性疾患」とも呼ばれ、自己免疫などが関与していると考えられていますが、はっきりとした原因は分かりません。

主な症状 座り方がおかしい 熱がある 立ち上がるのに時間がかかる 足をかばう・引きずる 足を痛がる 関節が腫れる 食欲がない 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】関節にこわばりや痛み、腫れ。発熱や跛行などの全身症状も

関節リウマチは、おもに四肢の末端の関節に症状が多く見られます。発症すると、起床時や休息後に関節の硬直(こわばり)や痛み、1ヵ所以上の関節に左右対称性の腫れなどが現れるほか、全身症状として発熱や食欲の低下、足をひきずる(跛行)などの症状も現れます。
関節リウマチは進行性の病気であり放置すれば、関節の変形と骨の崩壊が進んで痛みが激しくなり、患部やその周辺を触られることを嫌がり、歩行も困難になります。犬種では、若年齢?中年齢のミニチュア・ダックス、シェトランド・シープドッグ(シェルティ)、シー・ズー、マルチーズ、プードルなどの小型犬で見られることがあります。また、若年齢で発症するほど進行が速く、関節の変形が起こりやすくなります。

【原因】発生原因は不明。免疫機能の異常が関与か

関節リウマチの原因ははっきりしていませんが、自己免疫などが関与していると考えられています。

【治療】抗リウマチ薬などの内科的治療と運動と食餌の管理が一般的

関節リウマチの治療として、消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬などを投与して痛みを和らげます。肥満によって足腰の負担が大きい場合には、適度な運動と食事管理で、適正な体重まで減量します。そのほかに温浴治療や赤外線、超音波治療なども有効です。

【予防】気になる症状が見られれば早めに動物病院へ

関節リウマチは進行性の病気なので、いったん発症すれば、根本治療は難しくなります。そのため、早期発見・早期治療に努め、少しでも病気の進行を抑えることが大切です。関節リウマチになりやすいとされる犬種を飼っていて、その愛犬に気になる症状が見られれば、早めに動物病院で診察を受けましょう。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。