Petwell 犬の病気事典
いぬのふんせんちゅうしょう

犬の糞線虫症

糞線虫症は、糞線虫(ふんせんちゅう)という2mmほどの寄生虫が、小腸に寄生することが原因で、おもに下痢などが引き起こされる病気です。ブリーダーの犬舎など、犬が集まる場所での感染が多く見られる傾向があります。子犬が多数寄生された場合、急性出血性腸炎を生じ、命に関わることもあります。

主な症状 下痢をする 体重が落ちる(やせる) 発育・成長が遅れている(発育不良) 
命の危険 【やや高い】 重症や急性症状の場合には、命に関わる恐れがあるかもしれません

【症状】子犬に感染すると、激しい下痢。発育不良や体重低下などが見られる

糞線虫に感染すると、成犬ではおもに水様性の下痢を起こしますが、特に症状が現れないこともあります。一方、子犬に感染すると、激しい下痢によって発育不良や体重の低下が見られます。また、生後間もない子犬が感染した場合は、急性出血性の腸炎を生じ、著しく衰弱して命に関わることがあります。
糞線虫は皮膚から感染し、血管を流れて肺に侵入することがあり、かゆみや赤みをともなった皮膚炎や咳などの呼吸器症状が見られることもあります。

【原因】幼虫が口から入ったり、皮膚を穿孔して感染する

糞線虫症は、感染した犬の糞便と一緒に排泄された糞線虫の幼虫が、口から入ったり(経口感染)、皮膚を穿孔(せんこう:穴をあけること)すること(経皮感染)などによって感染します。犬の体内に入った糞線虫は小腸粘膜内に寄生して障害をもたらします。また経乳感染することもあり、体の小さな新生子では重篤な症状が引き起こされます。

【治療】イベルメクチンなどの駆虫薬を投与する。

糞線虫症の治療には、イベルメクチンなどの駆虫薬を投与します。しかし、1回ではすべての糞線虫を駆虫できない可能性もあるため、何度か糞便検査を定期的に受け、必要があれば駆虫薬の再投与を行います。

【予防】定期的に検査を受け、必要に応じて駆虫薬を飲ませる

散歩時や犬が集まる場所では糞便をすぐに回収するようにして、衛生管理に注意しましょう。また、定期的に動物病院で検査を行い、必要に応じて駆虫薬を飲ませるようにしましょう。

「犬の糞線虫症」のポイント

糞線虫症は人獣共通感染症(ズーノーシス、人蓄共通感染症とも呼ぶ)です。もしも愛犬が感染している場合には、愛犬のフン便が手に触れないように気をつけながら、速やかに処理しましょう。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の糞線虫症」に併発する可能性のある病気「犬の糞線虫症」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。