Petwell 猫の病気事典
ねこのがんけんないはんしょう

猫の眼瞼内反症

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、眼瞼(がんけん:まぶたのこと)が内側に反り返った状態になる病気です。眼瞼内反症になると、目の表面(角膜や結膜など)にまつ毛やまぶたの被毛が常に触れているため、目に様々な症状が現れます。

主な症状 まばたきが多い 光をまぶしがる 涙を流す 目やにが出る 目をこする 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】涙が多くなり、まばたきの回数が増え、光をまぶしがる

眼瞼内反症になると、内側に反り返ったまつ毛やまぶたの被毛によって、目の表面が常に刺激されるため、角膜炎結膜炎が引き起こされます。その結果、涙が多くなったり、まばたきの回数が増えたり、光をまぶしがったりといった症状が認められます。痛みがひどいときには、まぶたが痙攣(けいれん)したりすることがあります。また、目に感染が起こったときは、濁ってどろっとした膿性の目やにも認められます。
角膜炎結膜炎が起こると、かゆみや痛み、違和感があるため、前足で目をこすることが多くなります。このしぐさを放っておくと自分で目をさらに傷つけ、症状が悪化し、角膜潰瘍や角膜穿孔(かくまくせんこう:角膜に穴が開いてしまうこと)を起こすことがあります。また、まぶたが内反していることで、常にまつ毛や被毛の刺激を受けていると、その部分に色素沈着(色がつくこと)が生じ、結膜や角膜の一部にシミができたように見えることがあります。

【原因】慢性の角膜炎結膜炎が原因で起こることがある。

眼瞼内反症は、慢性的な角膜炎結膜炎が原因で起こることがあります。慢性の角膜炎結膜炎で痛みが強いと、まぶたが痙攣(けいれん)し、その結果、まぶたが内側に反り返り、角膜炎結膜炎の症状をさらに悪化させることがあります。これは、痙攣性内反症/機能性内反症とも呼ばれます。
一方、猫ではまれですが、先天性の眼瞼内反症もあり、ペルシャやヒマラヤンといった短頭種に見られます。先天性眼瞼内反症は下のまぶたでよく見られます。

【治療】手術によってまぶたの形を整えるのが一般的

眼瞼内反症の治療は、通常、手術によって内側に折り返されたまぶたの形を整えます。
角膜や結膜に異常があれば、その治療も行います。痙攣(けいれん)によって内反症が起こっている場合、その原因となった慢性角膜炎結膜炎の治療を行うとともに、一時的にまぶたを外へ反り返すという処置を施します。しかし、あまりにも眼瞼痙攣が長く続いて、まぶたが元に戻らなくなってしまっている場合には、手術でまぶたの形を整えることがあります。
一方、先天的な眼瞼内反症では、症状が軽く、日常生活上あまり問題がなければ、角膜炎が起こったときに治療するといった対症療法や経過観察が行われます。ただ、慢性的に角膜炎を起こしていたり、色素沈着が見られたり、眼瞼痙攣が認められるといった状態であれば、外科手術でまぶたの形を整えることがあります。どのような原因によるものであれ、眼瞼内反症の形成を行う場合、内反の状態や程度によって、手術が数回必要となることがあります。

【予防】目を気にするしぐさが見られたら、早いうちに動物病院へ

普段から猫をよく観察し、涙やまばたきが多くなったり目を気にするしぐさが見られたりしたら、すぐに動物病院で獣医師の診察を受けましょう。

  • 愛猫を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛猫受診チェックシート」
「猫の眼瞼内反症」に併発する可能性のある病気「猫の眼瞼内反症」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2019 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。