Petwell 犬の病気事典
いぬのかくちょうがたしんきんしょう

犬の拡張型心筋症

心筋症は、心筋(心臓を構成している筋肉)が正常に働かなくなることで、血液が全身に充分には行き渡らなくなる心臓の病気です。原因不明の特発性心筋症には、心臓が肥大し、心室内腔が拡張する「拡張型」のほかに、「拘束型」「肥大型」などがありますが、犬では主に拡張型心筋症が多くみられます。

主な症状 お腹が膨れる 元気がない・疲れやすい 咳をする 息が荒い(呼吸が苦しそう) 意識がなくなる 
命の危険 【やや高い】 重症や急性症状の場合には、命に関わる恐れがあるかもしれません

【症状】咳や呼吸困難、失神が見られ、突然死することも

初期段階では時折の失神がみられることもありますが、特に目立った症状はありません。進行すると肺水腫を生じ、咳や呼吸困難などが見られるようになります。不整脈を起こした場合には、ふらついたり、意識を失ったり、元気がなくなりボーっとする、といった症状が見られ、最悪の場合には突然死することがあります。

【原因】原因不明。加齢にともなって発生率が高まる

心筋症は、原因不明の特発性心筋症と、何らかの基礎疾患によって(二次的に)生じる続発性心筋症の2種類があります。前者の特発性心筋症のなかには、さらに「拡張型」「肥大型」「拘束型」などの種類があり、犬では拡張型心筋症(特発性拡張型心筋症)が一般的です。
なお、拡張型心筋症はアメリカン・コッカー・スパニエル、ダルメシアン、グレート・デーン、ドーベルマン、ピンシャー、ボクサーなどの大型の犬種によく見られます。拡張型心筋症は、加齢にともなって発症しやすくなります。

【治療】内科療法で対処。進行性の病気なので、治療は継続的に

心筋症を治療するには、利尿剤や強心剤、血管拡張剤、抗不静脈剤などを症状に合わせて投与します。また、犬を安静にさせるとともにL-カルニチンやタウリンを補って心機能の改善を目指すとともに、塩分を制限した食事を与えて心臓の負担を和らげます。
拡張型心筋症は、徐々に悪化するため、その予後はあまり良くないことが多く、延命できる年月も限りがあります。しかし、治療により症状の軽減や突然死をある程度防ぐことができるため、症状が軽い場合でも治療の継続が勧められます。

【予防】気になる症状があればなるべく早めに病院へ

拡張型心筋症の予防方法はありません。上記の症状が発見された時点で「手遅れ」というケースが大半です。この病気になりやすいとされる犬種を飼っている場合は、動物病院で定期検診を受けることをお勧めします。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の拡張型心筋症」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬の拡張型心筋症」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。