Petwell 犬の病気事典
いぬでんせんせいかんえん

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎とは、犬アデノウイルス1型(CAV-1)というウイルスの感染によって、おもに肝臓の炎症(肝炎)が起こる病気です。おもに嘔吐(吐く)や発熱、下痢などの症状が現れ、重症の場合は命に関わることがあります。

主な症状 ぼんやりすることが多い 下痢をする 吐く(嘔吐) 熱がある 鼻水・くしゃみをする 
命の危険 【やや高い】 重症や急性症状の場合には、命に関わる恐れがあるかもしれません

【症状】嘔吐や40℃前後の発熱、下痢など。重症では脳症や神経症状などを起こす

犬伝染性肝炎にかかると、肝臓に炎症が起こり、嘔吐(吐く)、39.5〜41℃の発熱、下痢、腹痛などの症状が現れます。病気の程度は軽いものから重いものまで様々。軽症の場合は軽い発熱や鼻水が出る程度ですが、重度の場合は肝臓の機能不全による肝性脳症や低血糖からくる神経症状(無気力、虚脱、昏迷、昏睡、痙攣発作など)や、出血傾向(皮膚の点状〜斑状の出血、鼻血、下血など)が見られる、ときに脳炎が起こることもあります。特にワクチン未接種の犬、とりわけ子犬が感染した場合は、死亡するケースが多く見られます。また、他のウイルスと混合感染すれば致死率がより高くなります。
なお、回復期にはブルーアイ(角膜が浮腫を起こし、青白く濁って見える)や前部ブドウ膜炎が見られます。これは通常回復していきますが、時に緑内障や角膜潰瘍に進行することがあります。

【原因】犬アデノウイルス1型の感染が原因

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型に感染することで発症します。ウイルスは感染犬の分泌物(涙や鼻水、唾液尿、便など)のすべてに含まれ、これらを舐めたり、汚染された食器を使用することで感染します。ウイルスは外部環境での抵抗力が強いため、室温でも一定期間は感染性を保ちます。したがって回復した犬の尿中に少なくとも6〜9ヵ月排泄され、ほかの犬への感染源となります。

【治療】点滴は輸血、食事療法などで治療する

犬伝染性肝炎の有効な治療薬はありません。そのためウイルス感染によってダメージを受けた肝臓の細胞が再生されるまでの間、積極的な支持療法をおこないます。支持療法としては点滴や輸血、食事療法などがあります。また、細菌による肺炎や腎盂腎炎といった二次感染を防ぐため抗生剤の投与が行われることもあります。

【予防】ワクチン接種が有効。適切な時期・回数の接種を

犬伝染性肝炎の予防には、ワクチン接種が有効です。子犬を飼い始めたらすぐに動物病院で健康診断を受け、適切なワクチンの接種時期や回数について相談するようにしましょう。また、成犬や老犬になってからも、年に1度のワクチン接種を行いましょう。その他の予防法としては、散歩時に拾い食いをしたり、草を食べたり舐めたりしないよう、普段からしつけておくことも重要といえます。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬伝染性肝炎」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬伝染性肝炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。