Petwell 犬の病気事典
いぬのべんちゅうしょう

犬の鞭虫症

鞭虫症は、犬鞭虫(べんちゅう)という長さ5~7cmほどの吸血性の寄生虫が、おもに犬の盲腸に寄生して、下痢や血便などの症状を引き起こす病気です。鞭虫の虫卵は感染した犬の糞便中に排泄されます。虫卵の混じった水たまりの水をなめたり、足などの体表に付着していた虫卵をグルーミングの際に飲み込んだりしたときに感染します。

主な症状 下痢をする 体重が落ちる(やせる) 脱水を起こす 血便が出る 食欲がない 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】ほとんどは無症状だが、多数寄生されると下痢や貧血などが生じる

犬鞭虫に寄生されてもほとんどが無症状ですが、多数寄生されると大腸が障害を受けて大腸性の下痢を生じて、粘液や血の混じった下痢便を少量ずつ何度もするようになります。また、犬鞭虫は吸血性寄生虫であるため、下痢だけでなく貧血も見られます。

【原因】鞭虫の虫卵が口に入って感染することが原因

鞭虫症は、感染した犬のフン便とともに排泄された虫卵が、何らかの拍子で口に入ること(経口感染)で感染します。たとえば、虫卵が混じった水たまりの水をなめたり、足などの体表に付着していた虫卵をグルーミングの際に飲み込んだりしたときに感染します。親犬から子犬へ胎盤感染などの垂直感染は起こらないため、幼い子犬が感染することはほとんどありません。重度感染では、回腸や結腸といった他の大腸部分や、ときに小腸の下部にも寄生し、症状がひどくなることがあります。

【治療】駆虫薬が有効。流行地域では定期的な駆虫が必要

鞭虫に効果のある駆虫薬を投与すれば、ほぼ駆虫することができます。ただし、鞭虫卵は抵抗力が強く、周囲環境中で数年間が感染力を持ち続けます。このため鞭虫の流行地域では定期的な駆虫(月1回など)が必要となります。貧血や下痢などの症状が重い場合には、対症療法も必要となります。

【予防】流行地域では月1回の駆虫で予防する

鞭虫症は鞭虫に汚染された地域では繰り返し感染が起こるため、風土病ともいわれるほどです。このため流行地域では、発症予防として月1回の駆虫が推奨されます。また、散歩時や犬が集まる場所では糞便をすぐに回収するようにして、周囲の環境の衛生管理に努めましょう。また、他の犬の糞便が落ちていたら、そこに愛犬を近づかせないよう注意しましょう。


  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。