Petwell 犬の病気事典
いぬのしぼうしゅ

犬の脂肪腫

脂肪腫は、皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりのような腫瘍ができる病気です。原因は不明ですが、老犬に多く見られます。良性腫瘍なので害を与えることはありませんが、脂肪腫の発生部位によっては、歩き方に異常が現れることがあります。

主な症状 しこり・はれができる 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】発生する場所によっては、歩き方に異変も

脂肪腫は、おもに腹部、胸部、内股、脇の下などの皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりとなって現れます。腫瘍は楕円形で弾力があるのが特徴で、数年かけてゆっくりと大きくなります。脂肪腫は良性腫瘍なので、健康に被害を与えるようなことはありません。ただし、脂肪腫が筋肉の間に発生した場合は、歩き方に異変が見られることがあります。
脂肪腫を含め、犬の皮膚にできる腫瘍の発生率は、犬のあらゆる腫瘍のなかで乳腺腫瘍に次いで多く、脂肪腫のほかには、悪性リンパ腫(リンパ肉腫)肥満細胞腫、線維肉腫などのがん(悪性腫瘍)があります。脂肪腫も同様ですが、皮膚に現れる腫瘍は、皮膚炎や潰瘍と見間違えることがあるので要注意です。

【原因】老犬で多く見られ、全身の皮下組織などに発生

脂肪腫のはっきりした原因は現在のところ不明ですが、おもに老犬で多く見られます。全身の皮膚(皮下組織)や、大網(だいもう:胃腸を保護する膜)、腸間膜(ちょうかんまく:腸管を吊り下げて支える膜)などによく発生します。

【治療】外科手術で腫瘍を切除すれば完治する

脂肪腫は外科手術によって切除すれば完治します。ただし、しばしば再発することがあります。

【予防】腫瘍が見つかったときは、なるべく早めに病院へ

脂肪腫の予防方法はありません。皮膚に腫瘍(しこり・腫れ)が見つかれば、悪性リンパ腫(リンパ肉腫)肥満細胞腫などのより深刻な皮膚腫瘍のおそれもあります。放置せず、できれば動物病院で検査を受けることをお勧めします。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の脂肪腫」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬の脂肪腫」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。