Petwell 犬の病気事典
いぬのしんこうせいもうまくいしゅく

犬の進行性網膜萎縮

進行性網膜萎縮は、網膜が萎縮して正常に働かなくなる遺伝性の病気です。初期は夜に目が見えづらくなり、しだいに日中でも見えなくなって、やがて失明してしまいます。初期のうちは外見上、正常な目と見分けがつきません。

主な症状 視力が低下する(目が見えづらい) (目が悪いために)動作がぎこちない 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】暗い場所で目が見えづらい、夕暮れや夜間の散歩が苦手に

進行性網膜萎縮になると、夜間や暗いところでの目が見えにくくなり、夕暮れや夜間の散歩時に不安そうな様子をしたり、物につまずいたり、溝に落ちたりといったことが見られ、暗いときの外出を嫌がるようになります。これは徐々に進行し、最終的には明るいところや昼間でも目が見えなくなり、活動性が低下したり、動作が緩慢になり、壁づたいに歩いたり、階段の上り下りがぎこちなくなります。見知らぬ場所では、この行動がさらに顕著になって現れます。しかし、視覚(視力)の低下は、徐々に進行するため、見えないことに順応し、飼い主がなかなか気づかないこともよくあります。
また、二次的に白内障を併発することがあります。犬種や進行性網膜萎縮の種類によって進行の速さや発症の時期は異なり、比較的若いうちに盲目となることもあれば、中年齢まである程度の視覚を維持することもあります。

【原因】網膜の光を受容する部分に異常が生じて起こる

進行性網膜萎縮は、遺伝性の病気です。網膜にある光を受容する部分に異常が生じることで網膜が徐々に萎縮し、最終的に多くの犬が失明してしまいます。
進行性網膜萎縮になりやすい犬種は、ラブラドール・レトリーバー、アイリッシュ・セッター、コリー、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)、ミニチュア・プードルなど、数十犬種が明らかになっています。

【治療】確かな治療法はない。愛犬がストレスにならないように生活面の配慮を

進行性網膜萎縮には確かな治療法がありません。ただ、幸いなことに、この病気は痛みをともなわず、数ヶ月から数年の間に徐々に進行するため、目が見えない状況に適応しやすい病気といえます。したがって、進行性網膜委縮と診断されたら、愛犬がなるべく不安やストレスの少ない日常生活が送れるよう、飼い主が生活面で気をつけてあげることが大事です。
例えば迷ったり、物にぶつかったりしないよう、室内のトイレやフードボウル、その他家具などの配置を固定し、邪魔な物をなるべく置かないようにしましょう。また、散歩時には人通りの多いコースを避け、静かなコースを歩くようにしましょう。

【予防】予防法はない。遺伝的に問題のある犬は繁殖を避ける

進行性網膜萎縮は遺伝性の病気であるため、予防することはできません。ただ、次世代へ引き継がせないように、繁殖計画をしっかり立てる必要があります。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の進行性網膜萎縮」に併発する可能性のある病気「犬の進行性網膜萎縮」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。