Petwell 犬の病気事典
いぬのこうもんのうえん

犬の肛門嚢炎

肛門嚢炎(こうもんのうえん)は、細菌感染や肛門嚢開口部の閉塞などによって肛門嚢に炎症が起こる病気です。この病気になると、お尻をかゆがって床にしっぽをこすりつける、お尻をなめるなどの動作が見られ、放置すると、腫れてきて、ひどい痛みに悩まされることになります。

主な症状 お尻をかゆがる(床にこすりつける) しっぽを追うような動作をする 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】お尻をなめる、しっぽを追うようなしぐさをするなど

肛門嚢とは、犬が自分の分泌物(におい)を便につけて放出し、縄張り宣言をするために活用する一対の「におい袋」で、肛門の4時と8時の位置にあります。この肛門嚢に炎症が起きると、お尻をかゆがって床にこすりつける、お尻をなめる、などの動作が見られるほか、自分のしっぽを追うようなしぐさをすることがあります。症状が悪化すると、腫れて痛みが激しくなり、飼い主が患部付近を触ろうとすると嫌がる、排便が困難になるといった症状が見られるようになります。さらに悪化した場合には、肛門嚢が破れて膿や血が混じった液体がでてきます。肛門嚢炎が発症しやすいのは小型犬で、特に老犬で多く見られます。

【原因】老化などで肛門嚢を絞る力が弱まることなどが原因

肛門嚢炎とは肛門嚢の開口部が詰まったり、細菌感染を起こしたりなどで肛門嚢に炎症が起こる病気です。老化などで括約筋の収縮力が低下してくると、肛門嚢を絞る力が弱まり、内部に分泌物がたまりやすくなります。分泌物がたまってくると肛門嚢の導管や開口部が詰まるため、肛門嚢炎が起こります。また、下痢や軟便などで肛門周囲が汚れていると、細菌感染が起こりやすくなるため、それにより肛門嚢炎が起こることがあります。

【治療】肛門嚢を絞り、分泌物を排出させる

肛門嚢を絞り、分泌物を排出させます。そのうえで消毒液や抗生剤などを使用して、患部を洗浄します。

【予防】定期的に肛門嚢を絞る。

普段から肛門周辺を観察しておく肛門嚢炎の予防には、シャンプーなどの際に肛門嚢を絞ることを習慣づけ、分泌物を定期的に排出させることが有効です。普段から肛門周辺をよく観察して、正常な状態を把握していれば、肛門嚢が腫れたり、肛門周囲腺が腫瘍化したりしても、初期の段階で発見でき、治療することができます。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の肛門嚢炎」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬の肛門嚢炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。