Petwell 犬の病気事典
いぬのぼうこうえん

犬の膀胱炎

犬の膀胱炎は、細菌感染や寄生虫・真菌の感染、腫瘍などによって膀胱に炎症が起こる病気です。犬の泌尿器系疾患のなかではもっとも多い病気といわれています。オスよりもメスの犬に発症しやすく、頻繁にトイレに行く、尿が出づらい、といった症状が現れます。

主な症状 おしっこの量が減る(尿が出にくい) おしっこ(尿)の色がおかしい 血尿が出る 食欲がない 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】トイレの回数が増えるが尿の量は少ないなど

膀胱炎になると、尿の色が濁る、ピンク色の血尿が出る、頻繁にトイレに行くのに尿の量が少ない、尿が出づらい、食欲が落ちるなどの症状が現れます。膀胱炎は慢性化するケースが多く、腎盂腎炎や前立腺炎、尿路結石などを引き起こすこともあります。

【原因】犬で最も多いのは細菌感染だが原因はさまざま

膀胱炎は、さまざまな原因により発生します。犬で最も多いのは、大腸菌やブドウ球菌といった細菌感染によるものですが、そのほかに寄生虫や真菌の感染、腫瘍や外傷、ある種の薬剤、尿石症なども関与します。一般に尿道が細く長いオスよりも、尿道が太く短いメスに発症しやすい傾向があります。

【治療】細菌に効く抗生剤を投与する

膀胱炎の治療としては、原因となっている細菌に効果のある抗生剤を投与します。ただし、膀胱炎は慢性化したり再発しやすいため、根気よく治療を続けることが大切です。

【予防】清潔にして細菌感染を予防する

細菌感染による膀胱炎は、飼育環境を清潔にする、排尿をガマンさせない、バランスの取れた食事をするといったことで予防に努めます。また、この病気は排尿の様子や尿の色などに変化が現れるため、ちょっと気をつければ早期発見が可能です。排尿回数や排尿にかかる時間などを日々確認しておくようにしましょう。


  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の膀胱炎」に併発する可能性のある病気「犬の膀胱炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • マナビズム 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2016 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。