Petwell 犬の病気事典
いぬのにゅうせんえん

犬の乳腺炎

乳腺炎は、何らかの原因で乳腺に炎症が起こり、乳腺が腫れたり、病的な色の乳汁が分泌されるといった症状が現れる病気です。乳頭口や授乳時に子犬の歯や爪がつけた傷口からの細菌感などが原因で起こり、産後に多く見られます。

主な症状 元気がない・疲れやすい 熱がある 食欲がない (妊娠していないのに)乳が出る (妊娠していないのに)乳腺が張る 
命の危険 【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です

【症状】乳腺自体が熱を持ち、腫れる。痛みで触られるのを嫌がることも

乳腺炎になると、乳腺自体が熱をもったり、腫れたりするほか、痛みのため触れられるのを嫌がったりします。また、病的な色をした乳汁が分泌されるなどの症状が現れます。症状が重い場合は、全身の発熱、元気や食欲の低下などの症状を示します。産後に多く見られます。

【原因】授乳時の傷口からの細菌感染、急な離乳による乳汁うっ滞など

乳腺炎は、乳頭口や授乳時に子犬の歯や爪がつけた傷口から細菌が感染したり、急に離乳されたことで乳汁うっ滞(乳汁が正常に流れず、一定の場所に滞留する状態)を起こすことなどが原因で生じます。

【治療】抗生剤や抗炎症剤の投与。乳汁うっ滞の緩和など

乳腺炎の治療では、抗生剤や抗炎症剤などの投与や乳汁うっ滞を和らげる処置を行います。授乳中の場合は、人工哺乳に切り替えることもあります。

【予防】授乳中の母犬と子犬をよく観察する。

乳腺炎を予防するには、授乳中の母犬と子犬をよく観察し、子犬がしっかり乳を飲んでいるか、乳腺付近に傷がないかなどに注意しましょう。また、細菌感染を防ぐため、飼育環境を清潔に保つようにし、かつ、早期の離乳を避けるようにしましょう。

  • 愛犬を動物病院へ連れて行こうと思っている飼い主さんへ症状や様子…先生に聞かれることを事前にまとめましょう!より良い診察のための「愛犬受診チェックシート」
「犬の乳腺炎」に併発する可能性のある病気

該当する病気はございません。

「犬の乳腺炎」と同じ症状がある病気
飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。