猫のがん(癌、ガン)とは?リンパ腫や乳がんに要注意

獣医療が進歩した結果、猫は昔とくらべてずいぶん長生きするようになりました。しかし、長寿化とともにがん(癌)になる猫が増えているのも事実。猫のがん(癌)は犬とくらべて悪性であることが多く、転移しやすいのが特徴です。ここでは猫のがん(癌)について、その種類や症状をご紹介します。

2008年6月9日RSSRSS

猫の腫瘍は、犬よりがん(悪性腫瘍)の割合が高いのが特徴です。

高齢猫になれば、犬や人間と同じように腫瘍ができやすくなります。腫瘍とは、細胞が本来の規則に従わず増殖し、異常な組織を形成したものをいいます。腫瘍には良性と悪性のものがあり、腫瘍が転移せず、命に関わるおそれの少ないものを良性腫瘍、腫瘍が全身に転移して、命に関わるおそれのあるものを悪性腫瘍といいます。さらに悪性腫瘍のうち、上皮組織(皮膚、消化管、呼吸器道)から発生したものを「がん(癌)」、非上皮組織(血管、リンパ管、神経組織など)から発生したものを「肉腫」といいます。したがって、一般に良性腫瘍を「がん(癌)」と呼ぶことはありません。

腫瘍は、猫が年齢を重ねるほど発生しやすくなります。これは、高齢になれば気力・体力とともに抵抗力も衰え、また細胞も傷みやすくなるのが理由です。腫瘍ができる原因は、老化のほかに、発がん性の化学物質、紫外線、ウイルス、ホルモン、遺伝などが複雑に関係していると考えられます。とくに猫の場合は、犬よりも悪性腫瘍になる割合が高く、例えば乳腺腫瘍の場合は約8割以上が悪性、つまり乳がんとなります(犬の乳腺腫瘍では約5割が悪性です)。このように同じ腫瘍の病気といっても、猫と犬では悪性・良性の比率や治癒率に違いがあり、どちらかといえば猫の方が深刻ながん(癌)になりやすい傾向があります。

リンパ腫乳がんは進行が早く、転移すれば命に関わるため要注意。

猫のがん(悪性腫瘍)のなかで特に多くみられるのは、リンパ腫乳がんです。リンパ腫は猫にもっともよくみられるがん(癌)で、若い猫に発生するタイプと高齢猫に発生するタイプがあります。乳腺腫瘍は避妊手術をしていないメスの猫にみられる腫瘍で、人間と同じように乳房にしこりができます。猫に発生するがん(悪性腫瘍)には、おもに次のものがあります。

猫に発生するおもながん(悪性腫瘍)の種類
体表(皮膚)にできるがん 乳がん肥満細胞腫(皮膚型)、扁平上皮がん子宮がん、胃がん
体内(臓器や口の中)にできるがん 肥満細胞腫(内臓型)、繊維肉腫、鼻腔腫瘍、黒色腫(メラノーマ)
骨にできるがん 骨髄性腫瘍
その他のがん リンパ腫

リンパ腫はリンパ球(白血球の一種)ががん(癌)に侵される病気です。発症してから、わずか1~2ヵ月で命を落とすこともあります。リンパ腫は腫瘍ができる場所によってタイプが異なり、2~3歳の猫に多い胸腺型(縦隔型)リンパ腫、6歳以上の猫に多い消化管型リンパ腫などがみられます。このうち胸腺型(縦隔型)リンパ腫は、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染で発症すると考えられています。

猫が乳腺腫瘍になる割合は、犬の例ほど多くはありません。しかし、先ほども述べたように、猫の乳腺腫瘍の8割以上が悪性の乳がんとなるため注意が必要です。猫の乳がんは犬よりもやっかいで、がん(癌)が急速に増殖してリンパ節や肺に転移するうえに、手術による治癒率も高くありません。

猫の皮膚がんは、あまり多くはみられませんが、扁平上皮がん肥満細胞腫などの悪性腫瘍には気をつける必要があります。扁平上皮がんは白い猫に多くみられるがん(癌)で、紫外線が原因で発生すると考えられています。発症すると、鼻や耳の皮膚に小さな潰瘍ができ、出血や悪臭を放つようになります。肥満細胞腫は、肥満細胞という細胞が腫瘍化する病気で、発症部位によって内蔵型と皮膚型に分けられます。皮膚型を発症すると、おもに頭や首のまわりに腫瘤(しゅりゅう:コブのこと)ができます。

発見が遅れると、治癒が難しい猫のがん(癌)。予防と早期発見が何より大切。

猫の腫瘍は悪性腫瘍(がん)の割合が高く、手術による根治が難しい病気です。そのため予防と早期発見が何より大切です。猫のがん(癌)は、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染が引き金となるリンパ腫、紫外線が影響する扁平上皮がん、ホルモンの作用が影響する乳がん子宮がんのように、発生する原因がある程度特定されているものもあります。それらはワクチン接種や室内飼育の徹底、若いうちからの避妊手術で予防することができます。

一方、高齢猫に多い消化管型のリンパ腫肥満細胞腫のように、原因がはっきりしないものもあります。その場合は早期発見が何より大切です。愛猫が6~7歳を過ぎれば、日頃からのボディチェックに加え、定期的に動物病院の診察を受け、腫瘍の有無を調べるようにしましょう。猫のがん(癌)は、猫自身が身体の不調や異変を訴えることができないために、どうしても発見が遅れがちになります。早期発見・早期治療を心がけてください。

それぞれの猫のがん(癌、ガン)については、こちらで詳しくご紹介しています。

体内(臓器や口の中)にできるがん

体表にできるがん

その他のがん

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。