犬の健康診断の項目について

Mさん/ポメラニアン(メス/1歳3ヵ月)
2017/03/22

愛犬の健康診断で、血液検査・心電図・レントゲンを受ける予定です。一般的に検査内容は上記で不足はないでしょうか?

キーワード 犬の健康診断

1歳3ヵ月という年齢であれば内容で問題はないと思われますが、泌尿器系疾患のチェックに尿検査も受けておくことをおすすめします。

もしも健康診断で異常が見つかった場合は、それに応じた詳しい検査を受けていくようにすると良いでしょう。例えば、聴診で心雑音があった時は超音波検査を受ける、など。

定期的な健康診断は病気の早期発見や予防につながります。若い時には年に1~2回、中年齢では半年に1~2回、健康診断を受けるようにしましょう。

また、健康診断の時こそ、愛犬の体調が悪い時にはなかなか聞けない日常的な健康管理のポイントを聞くチャンスです。日ごろ気にかかっているけれどタイミング的に聞きにくいことを、色々聞かれてはいかがでしょうか。

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル) Pマーク

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。