[PR] 猫専門医・服部幸先生に教わる、腎臓病にかかるリスクを減らす6つのポイント【愛猫を慢性腎臓病から守るために】

「腎臓病」は、猫の飼い主にとってはとても気になる病気。なかでも慢性腎臓病は高齢の猫で多く発症することが知られています。「うちのコはまだ若いから大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、猫の腎臓病は飼い主が気づかないうちにじわじわと機能が低下していきます。猫が腎臓病にかかりやすいとわかっているのなら、健康な今のうちから腎臓病にさせないための手立てはないものでしょうか? 東京猫医療センターの服部幸先生に腎臓にかかるリスクを減らすヒントを伺いました。

2017年5月11日RSSRSS

今からやっておきたいこと・やってはいけないこと

慢性腎臓病になる割合は15歳以上の猫の約3割だと言われています。だとすれば、ならない猫もいるということ。若いうちから気をつけてケアをしていれば、腎臓病も予防できるのでしょうか?

※記事の全文はPetwell(ペットウェル)特設ページでご覧いただけます。

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。