[PR] 猫専門医・服部幸先生がアドバイス そろそろ考えておきたい!愛猫の7歳からの腎臓ケア

腎臓の機能の低下によって起こる慢性腎臓病は、高齢猫に多い病気。7〜10歳頃からじわじわと増え始め、15歳以上の猫の約3割がこの病気にかかっていると考えられています。腎臓の異変は初期では症状が現れにくいため、気づいたときにはかなり病気が進行しているケースがほとんどです。猫の中年期にさしかかる7歳頃は、そろそろ腎臓のことも考えていきたいお年頃。東京猫医療センターの服部幸先生に、気になる猫の腎臓病の基礎知識と腎臓ケアについて教えていただきました。

2017年4月26日RSSRSS

猫の腎臓病のおさらい―症状が現れたときには腎機能は7割低下

腎臓はタンパク質を体内で代謝・分解したときにできる老廃物を尿として排泄し、水分を再吸収するいわば 「下水処理場」のような働きをしています。ほかにも、体の水分やミネラル分のバランス調整、赤血球を作るための「造血ホルモン」の産生、ビタミンDの活性化など、重要な役割を担っています。

※記事の全文は姉妹サイト・PetLIVES(ペットライブス)でご覧いただけます。

飼い主さんへ、正しい知識を。Petwell(ペットウェル)

ペットと人が笑顔でつながる、心豊かな社会のために。Petwellは、飼い主さんが「本当に知りたい」ことをお伝えするサイトです。

Pマーク
グループサイト
  • PetLIVES(ペットライブス)

    PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをライブにお届けするWEBマガジン。元気で長く一緒にいるための健康 管理・ケア、犬猫の症状から探せる 病気検索、獣医師アドバイス、写真投稿、イベント情報など。今日から役に立つ情報満載です。

  • PetLIVES(ペットライブス)Facebook

    愛犬・愛猫とのライフに役立つライブな情報を発信するPetLIVES(ペットライブス)の公式Facebookページ。

  • 周年事業室
Petwelljp 編集部のつぶやき

Copyright © 2008-2017 ETRE Inc. All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・イラスト・写真など、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます。